報酬は会社次第

前ページ『崩壊するダウンライン勧誘活動によって自分の下位に登録された会員。 』では、MLMでダウンライン勧誘活動によって自分の下位に登録された会員。 を構築しても、必ずしも安定した不労所得が得られるわけではないという事について述べました。

さらに、ダウンライン勧誘活動によって自分の下位に登録された会員。 がしっかりしたものであったとしても、他の要因によってインセンティブ会社から支払われる報酬のこと。 の金額が大きく変動する事があります。

それは、会社によるインセンティブ会社から支払われる報酬のこと。 の発生条件・報酬率の変更です

インセンティブ会社から支払われる報酬のこと。 は約束されたものではない

普通のサラリーマンのような働き方なら、一度労働契約を結んでしまえば片方の都合だけで簡単に内容を変更する事は出来ません。

会社はよほどの理由が無い限り、従業員の賃金を勝手に減額したりは出来ないのです。

これは、労働基準法などの法律により一方的な条件の変更が認められていないためです。

しかし、MLMではディストリビューター販売・勧誘活動を行うメンバー。 がMLMを運営している会社と労働契約を結ぶわけではありません。

管理人自身も全てのMLMの契約形態を知っているわけではありませんが、ほとんどの場合はMLMの提供するサービスの「会員」となっているだけでしょう。

ですから、会社が急にインセンティブ会社から支払われる報酬のこと。 の発生条件や報酬率を下げると宣言しても、ディストリビューター販売・勧誘活動を行うメンバー。 はそれを受け入れるしかないのです。

管理人が参加していたMLMの会社もある日突然報酬率を約半分にするというプランを発表してきたことがあり、これがビジネスを断念するきっかけの一つとなりました。

報酬の遅延や倒産リスクも

「MLMは口コミによって販売網を広げていくから広告費がかからず、経営上のリスクが少ない。」
などとアピールされる事もよくありますが、これは必ずしも正しくありません。

実際には公告を出さなくてもディストリビューター販売・勧誘活動を行うメンバー。 へのインセンティブ会社から支払われる報酬のこと。 支払いによって経費がかかっていますし、商品を製造・販売している以上、売上が少なくなれば製造コストや付帯費用が収入を上回ることも当然あるでしょう。

インセンティブは会社次第

そして会社の経営状態が悪くなれば、ディストリビューター販売・勧誘活動を行うメンバー。 への報酬が期日どおりに行われなかったり、下手をすれば倒産によってそれまでの苦労が水の泡・・・という可能性も考えられます。

管理人の先輩にも「2ヶ月前のインセンティブ会社から支払われる報酬のこと。 ○十万円がまだ支払われない・・・」というようなボヤキを何度となく口にしていた人がいました。

もしも自分の参加しているMLMの会社が経営危機に陥っていると感じたときは、それまでの経験と人脈を武器に、他の会社に鞍替えを考えた方が賢明かもしれません。

もっとも、お客さんが他社の製品を今まで通りに購入してくれるかどうかについては定かではありませんが・・・。

※「MLM」はネットワークビジネス、ネットワークマーケティング、日本語では連鎖販売取引等と呼ばれているビジネスの手法と同義のものです。当サイトではMLMと表記を統一しています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP