割引購入で在庫の山

MLMで自分が築き上げた消費者ネットワークに商品を買ってもらうには、大きく分けて二つの方法があります。

一つ目は、購入方法だけを教えて、直接会社に注文してもらう方法。
そしてもう一つが、自分が会社から購入した商品を消費者に買ってもらう方法、いわゆる小売です。

会社によっては小売を禁止している場合もあるようですが、小売が認められている場合は大量の在庫を抱えてしまう人が必ずと言っていいほど出てきます。

割引購入はお得?

多くの場合、1つずつ商品を購入するよりも大量に購入した方が、商品一つあたりの値段は安くなるので、まとめ買いはある意味経済的な方法と言えなくはないでしょう。

しかし、ここに大きな落とし穴があります。

MLMでは、卸単位で大量に購入すると、1つあたりの値段が半額になったりすることも多いのです。

そのため通常の価格が割高に見えてしまって、
「どうせビジネスを大きくするなら、今から安い値段で買っておこう。」
などと、売れる当ても無い商品在庫を抱えてしまう結果となります。

しかも、消費者として購入した場合は商品の返品が可能な会社でも、ビジネスを目的とした大量購入の場合は「仕入れ」と見なされて返品することが出来ない場合もあります。

割引購入で在庫の山

当たり前の様な話ですが、商品の仕入れは販売ルートがあってはじめて商売として成立するものです。

いくら値段が安くても、売れない商品を大量に購入する事は自殺行為以外の何物でもありません。

前の項目に書いたようにMLMでは商品を購入すればするほど自分自身の地位も上がるようになってるためか、無謀な購入をしたり、それをダウンライン勧誘活動によって自分の下位に登録された会員。 に強要する人が後を絶ちません。

在庫過多の現実

試しにインターネット上のオークションサイトなどを、MLMでビジネスをしている会社の名前で検索してみて下さい。
在庫処分に困ったディストリビューター販売・勧誘活動を行うメンバー。 達が商品を投げ売りしている様子がわかるでしょう。

もしもきちんと需要と供給の関係が成り立っているビジネスだったとしたら、これほど大量の商品が、しかも定価の半額くらいの値段で大量に出品される事などあるでしょうか?

商売をする以上、どんな場合でも多少リスクはあるかもしれませんが、リターンを得られる可能性を十分に検討しないと、処分できない在庫の山に埋もれて暮らす事になりかねません。

※「MLM」はネットワークビジネス、ネットワークマーケティング、日本語では連鎖販売取引等と呼ばれているビジネスの手法と同義のものです。当サイトではMLMと表記を統一しています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP