勧誘活動で挫折しないために

MLMでは、ほとんどの人が勧誘、つまりリクルートMLMに参加するメンバーを勧誘する活動のこと。 活動が上手くいかない(もしくは踏み切れない)で挫折していきます。

それでは、そうならないためにはどうすべきなのでしょうか?

「MLMは口コミのビジネス」という妄想を捨てる

MLMは本来、「商品の良さが口コミ(くちこみ)で広まることによって販売網が広がる」、というのが理想的な形だと思います。

しかし、実際のところ口コミだけでビジネスが成功させられると考えるのは、あまりにも見通しが甘いでしょう。

ほとんどの人は、MLMにアレルギーを持っています。

たとえあなたが誠意を持って、本当に良いものだと思って話そうとしても、頭から「怪しい」と否定する人の方が多いのです。

だから、勧誘が成功する確率は、それほど高くありません。
そして口コミで情報を伝えられる友人・知人の数は、そう多くは無いはずです。

何度もしつこく話を聞いてもらおうとすれば、それこそ人間関係が悪くなり、親しいかったはずの人はあなたの側から去っていくでしょう。

強引な勧誘は人間関係を崩壊させます

新しく人脈を作ればいいと考える人もいるかもしれませんが、そもそも「仕事の為に友人を」という考え方自体が相手に失礼だと思います。

ここではっきりさせておきましょう。

MLMはもはや口コミのビジネスではありません。

少ない友人・知人を「見込み客」に成功率の低いリクルートMLMに参加するメンバーを勧誘する活動のこと。 活動を行っても、すぐに壁に突き当たります。

成功するためには飛び込みのセールスマンのように、どんどん初対面(あるいはそれに近い)人をリクルートMLMに参加するメンバーを勧誘する活動のこと。 する力を付けなくてはならないのです。

ちなみに管理人はMLMで月に数十万円、数百万円という報酬を得られるようになった人を何人も知っていますが、知人・友人だけを誘って成功したという人は一人もいません。

ただの一人もです。

対象を友人・知人に限定しない

リクルートMLMに参加するメンバーを勧誘する活動のこと。 の対象を友人・知人に限定しなければ、一回あたりの成功率は低くなるものの、継続的に活動を続けられますし、下手な義理や同情で人間関係がこじれることもありません。

利害が一致しなければ後腐れなくサヨウナラ。
ビジネスならそれでいいのです。

※「MLM」はネットワークビジネス、ネットワークマーケティング、日本語では連鎖販売取引等と呼ばれているビジネスの手法と同義のものです。当サイトではMLMと表記を統一しています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP