本業を犠牲にしないこと

MLMの活動に熱心になると、
「私はこれで食べていくんだ!」
とばかりに本業を重視しなくなる人もいるようです。

しかし他の副業と同様にMLMを行っている場合でも、本業による収入はきちんと確保しておいた方が無難だと思います。

MLMのためにフリーターを貫いた友人

ある管理人の友人は、MLMにのめり込んだために一般の会社に就職せず、長い期間アルバイトを本業にして(つまりはフリーターとして)活動を行っていました。

熱心に人脈を広げ、セミナーなどに参加したりもしていましたが、残念ながら収入はなかなか伸びませんでした。

そうするとほぼフリーターとしての給料しかありませんから、総収入は同世代のサラリーマン半分、下手をすると3分の1くらいになってしまうわけです。

本業を犠牲にしないこと

ここでちょっと考えてみて下さい。
「MLMなら、経済的に豊かになれる」
という説明を大金持ちの人から聞かされるのと、貧乏な人から聞かされるのでは、どちらが説得力があるかは明らかでしょう。

ちょっと意地悪な人なら、自分よりもずっと収入が少ない人にリクルートMLMに参加するメンバーを勧誘する活動のこと。 されたりすれば
「それで本当に金持ちになれるなら、君はどうして私より貧乏なんだい?」
と言い出すかもしれません。

セールスの原則に、
「商品を売り込みたいのなら、まず自分を売り込め」
というのがありますが、ある程度経済的に自立しておかないと、MLMでも足を引っ張られることになりかねません。

本業と副業の両立

多くの人は、MLMを副業として始めると思います。
だから「副」と付く限り本業よりは優先度を下と考えて、まずは本業にとってマイナスとならない範囲で活動していくのが良いでしょう。

MLMの活動の為に無駄な残業を減らすようにしたり、本業の人脈を上手く活用するのなら良いかもしれません。

しかし、収入を得るまでに時間のかかる副業のために本業に悪影響が出てしまうようでは、わざわざ2つも仕事をしている意味がなくなってしまいます。

安定した収入があれば、副業を行う上でも精神的に余裕が生まれてくるでしょうし、本業で評価されている人物は周りからの信用度も上がりますから、よりスムーズにMLMのビジネスを展開していく事が出来るでしょう。

※「MLM」はネットワークビジネス、ネットワークマーケティング、日本語では連鎖販売取引等と呼ばれているビジネスの手法と同義のものです。当サイトではMLMと表記を統一しています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP