MLMは宗教じゃない

心理学的に人は「信じたいものを信じる」という特長があるそうです。

例えば、自分の好きな人に何か悪い噂が立っている時には「信じたくない」という気持ちが働き、逆に嫌いな人が評価されていると「いつか化けの皮が剥がれる」とか「何か裏があるんだろう」なんて考えたりするのもそのためです。

ビジネスとしてMLMに参加している人の中にも、自分がその会社の製品やビジネスプランを信じたいがために、他社に対しての批判意見ばかりを言う人が出てきます。

MLMは宗教じゃない

これが極端になると、まるでカルト宗教の信者の様に相手の意見や感情を無視して自分自身の意見を無視したりリクルートMLMに参加するメンバーを勧誘する活動のこと。 を行ったりするようになるのです。

情報は常に客観的に見る

これからMLMに参加しようと思っている人、または参加している人は、是非一度冷静になって考えてみて下さい。

あなたがたくさん存在するMLMの会社の中から特定のものを選んだのには、やはり何らかの理由があるでしょう。

しかし、選択の元となった情報はそもそも間接的にあなたに伝わったものです。
その情報が他人の利害によって歪められている可能性が無いとは言えません。

さらに、世の中に無数にある会社の中から検討の候補にあがったり比較対照になったのも、せいぜい数社~10数社程度でしょう。

あなたが参加したMLMの企業を「素晴らしい会社」だと思ったとしても、それは知っている限られた範囲の中の、しかも正しくない可能性すらある情報から判断しているに過ぎないのです。

あらゆる情報を疑って失敗を恐れていては、何の決断も行動もできないのは確かです。

でも、常に自分の関わっている会社の経営方針や品質・サービスの質を見極める冷静な目を持っていないと、間違った方向に突き進んでしまう可能性があると思います。

自分の理想を他人に押し付けない

そもそも妄信的な人の意見に誰が耳を貸そうとするでしょうか?
人の気持ちを無視して熱弁を振るったところで、先ほどのカルト宗教の信者の様に「気持ち悪い」と思われてしまうのがオチでしょう。

成功哲学としてしばしば
「強くイメージできれば夢は実現する」
というような事が語られますが、綿密な計画に裏付けられた信念と妄想は全く異なるはずです。
独りよがりな妄想をどんなに膨らませても、それで夢が叶うはずはありません。

管理人もMLMに関してはドロップアウト組ですのであまり大きな事は言えませんが、本当にビジネスの世界で成功するには、最終的な目標を強くイメージした上で、必要があればすぐに間違いを正して軌道修正をしていく必要があるのではないでしょうか。

※「MLM」はネットワークビジネス、ネットワークマーケティング、日本語では連鎖販売取引等と呼ばれているビジネスの手法と同義のものです。当サイトではMLMと表記を統一しています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP