マルチ商法とは

MLMのビジネスプランを説明した時にねずみ講と同じくらいの頻度で登場するのがマルチ商法です。

「MLMってマルチ商法だよね?」
この質問に対する質問への答えは、実はYESともNOとも言えるのです。ちょっとややこしいですが詳しく解説しましょう。

マルチ商法=悪徳商法ではない?

言葉の定義があいまいになっているためにわかりにくいのですが、本来「マルチ商法」はマルチレベルマーケティングのことを意味していて、これには代理店や消費者による口コミなどを利用して連鎖的に販売行為を行う全てのビジネスが該当します。

これに対して、詐欺的な目的で価値の無い見せかけの商品だけを販売したり、必要の無いものを押し売り的に友人・知人に買わせる方法は「悪徳マルチ」又は「悪徳マルチ商法」というのが正確な呼び方です。

しかし、言葉が似ているためかマルチ商法と悪徳マルチはその呼び名が混同されるようになり、いつのまにかマルチ商法=悪徳商法という意味で使われるようになってしまったのです。

マルチ商法とは

その商売がきちんとしたMLMに属するものなのか、それとも悪徳マルチに属しているのか、はたまたその中間のグレーゾーンにいるのかを見極めるには、その会社のサービス内容やビジネスのプランについて調べてみない限り判断できません。

内容をよく吟味した上で一人の消費者として、つまりお金をもらう立場で参加しなかったとしても、その会社の商品やサービスを利用したいと思えるようであれば、それは正当なビジネスと言えるでしょう。

商品価値のあるものを合法的な方法で販売しているのであれば、悪徳マルチという呼び方はふさわしくありません。

横行している悪徳マルチに注意

逆に価値の無い商品に高額な値段を付けていたり、入会金集めが目的だと判断される場合は、完全に悪徳マルチです。

絶対に関わってはいけませんし、義理で参加したりするのもトラブルの元です。

残念ながら現在のところ、少なくとも管理人が見た限りでは、普通のメーカーの様に値段に見合った商品を提供していて、正当なビジネスだと判断できるようなMLMの会社は非常に少ないと思います。

しかし、もしもあなたがMLMに参加していて、心の底から自信を持って人に奨められるのであれば、
「MLMってマルチ商法だよね?」
という問いに対しては、悪徳マルチと正当なMLMの違いについて説明して、誤解を解く必要があるでしょう。

※「MLM」はネットワークビジネス、ネットワークマーケティング、日本語では連鎖販売取引等と呼ばれているビジネスの手法と同義のものです。当サイトではMLMと表記を統一しています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP